Amazon、ラストマイルを担う配送拠点を18か所新設 輸送効率化にも寄与か

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年07月29日
ogp20220729mo_1rev

アマゾンジャパン(東京都目黒区)は7月27日、日本全国18か所に、デリバリーステーションを開設すると発表した。

ラストマイルを担う配送拠点が45拠点以上に 長距離輸送の緩和、輸送効率化にも寄与か

同社のデリバリーステーションは、各地にある同社や出店業者等の倉庫から出荷された梱包済み商品を集約し、周辺の配達先に届ける機能に特化させた物流拠点で、同社ではラスト・マイル・デリバリーの起点となる場所と位置付けている。

今回の18拠点の新設により、新たに10都道府県で同社配送による置き配指定サービスや700万点以上の商品の翌日配送が可能が利用可能になる。また、同ステーションから配送先までの配達を空き時間を活用して担う個人事業主である「Amazon Flex」ドライバー数千人を含む、5,000人以上の仕事の機会が創出されると同社では想定している。

同社は2022年10月までに、以下のデリバリーステーションを開設する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR
  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR

特別企画、サービス