三井不動産と東芝が連携 健康経営支援サービスに「生活習慣病発症リスクAI」を導入、実証実験へ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年03月15日
f3effe228fd3da1a665869f089e26e93

三井不動産(東京都港区)と東芝(東京都港区)は3月14日、企業と従業員双方をサポートする、三井不動産の健康経営支援サービス「&well(アンドウェル)」に、東芝が開発した「生活習慣病発症リスク予測AI」と「リスク低減シミュレーション」を導入し、4月から実証実験を開始すると発表した。

シミュレーションと&wellの実践コンテンツにより健康意識を自分ごと化

同サービスは企業の「健康経営」推進をワンストップでサポートする総合プラットフォームサービス。従業員の心身の健康のため、意識変容・⾏動変容・習慣化に向けたプログラムを提供し、楽しみながら従業員の方に健康管理を継続してもらうことで、企業が抱える従業員の健康に関する課題の解決をサポートするもの。

&wellの実践コンテンツ

今回、三井不動産は「きっかけづくり」を強化するため、「生活習慣病発症リスク予測AI」と「リスク低減シミュレーション」の2つの機能を導入した。これらの機能により、従業員側が自身の将来の疾患リスクを把握し、このリスクを低減させるための目標体重をシミュレーションすることが可能になる。

今回導入された機能の特徴は次のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス