公益通報者保護制度「言葉も知らない」人が2割もいることが判明 窓口設置でどんなメリットが?

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年12月01日
ogp20220308rev

帝国データバンク(東京都港区)は11月30日、1万1506社を対象に実施した「公益通報者保護制度」に関する意識調査の結果を公表し、同制度の認知度の低さや多くの企業は専門窓口を設置していないことなどが明らかになった。

企業の浸透度は道半ば 規模が小さいほど割合は低下傾向に

公益通報者保護制度とは、いわゆる内部通報を行った労働者を保護するためのもので、消費者庁が所管する「公益通報者保護法」により、通報を理由とした解雇などの不利益な取り扱いが禁止されている。

調査では、まず2022年6月施行の「改正公益通報者保護法」について、自社の理解や対応状況を尋ねた。

その結果、「対応している(「内容を理解し対応している」、「内容をある程度理解し対応している」の合計)」と回答した企業は19.7%にとどまり、66.4%は「対応していない」と回答した。

また、「言葉も知らない」と答えた企業は18.8%と、2割近くに上った。

「改正公益通報者保護法」への対応状況について
「改正公益通報者保護法」への対応状況について

従業員数別では、「1000人超」(70.0%)、「301~1000人」(57.4%)、「101~300人」(36.0%)と、規模が小さくなるほど割合は低下した。

4社に1社は、公益通報窓口を設置、または検討している

続いて、自社における公益通報への対応体制について質問したところ、「公益通報の窓口を設置および検討している」企業は24.1%で、おおむね4社に1社だった。41.2%の企業は、公益通報の受付窓口を「設置する予定はない」と回答した。

公益通報への対応体制について
公益通報への対応体制について

公益通報窓口の設置により、企業にはこんなメリットがある

公益通報窓口の設置理由としては、8割近くの企業が「社内のコンプライアンス強化」を挙げ、同窓口の設置により、以下のような効果があったと回答している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス