総務の引き出し(ICT)

私たちの身の回りにすでにあるIoBの企業における活用法

日本クラウドコンピューティング株式会社 代表執行役 ITコンサルタント 清水 圭一
最終更新日:
2021年08月19日
202109_032_ogp

初めに

IoBという言葉をご存じでしょうか。IoBは、Internet of Behavior、もしくはInternet of Bodies の略となります。米国のIT調査会社のガートナーは、このIoBを2021年の戦略的テクノロジートレンドとして捉えています。Internet of Behavior(Bodies)を直訳すると、行動インターネット、もしくは身体インターネットとなります。IoT(Internet of Things)の発展形で、私たちの体や行動がインターネットにつながるということです。

最近では、新型コロナウイルス感染症接触確認アプリであるCOCOAのように、われわれがいつ、どの場所で、誰と接触していたかという身体行動情報がクラウド上で収集され、そのデータを基に、さまざまな分析や対策が、利用者などにフィードバックされます。

ガートナーは2025年末までに、世界の人口の半分以上が少なくとも一つのIoBプログラム(商業または政府)の対象になると予測しています。企業活動の観点でも、これ以上ない破壊的なテクノロジーとなるため、企業は人間行動や傾向を把握しようとすることが予想され、今後、IoBの利便性を実感する場面は増えてくると思われます。今回は、IoBとは何か、そして企業におけるIoB活用法を総務の視点で解説したいと思います。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

著者プロフィール

日本クラウドコンピューティング株式会社 代表執行役 ITコンサルタント
清水 圭一

大学卒業後、大手ICT企業、外資系ITベンダーを経て、日本クラウドコンピューティング株式会社 代表執行役に就任。中小企業経営者向けにクラウド・ソーシャル・モバイルを中心としたIT経営コンサルティング、顧問、講演活動を行っている。

特別企画、サービス