総務の引き出し(ICT)

スマートスピーカーをオフィス管理に活用する

日本クラウドコンピューティング株式会社 代表執行役 ITコンサルタント 清水 圭一
最終更新日:
2022年02月14日
soumu220210100

初めに

スマートスピーカーをご存じでしょうか。たとえば、AmazonのAlexa、GoogleのGoogleアシスタント、AppleのSiriは名称だけでも聞いたことがあるかと思います。

これらは、音声を聞き取って内容を人工知能が理解し、その反応を音声で返答するというものです。

スマートスピーカーは音楽を聴いたり、音声で調べものをしたり、アラームをセットしたりといった、一般消費者向けの音声エンターテインメントのガジェットとして利用されています。

しかし、最近では液晶画面や小型カメラが内蔵されたスマートスピーカーが登場し、その活用方法に新たな選択肢が加わりました。さらには、一般消費者向けのガジェットということもあり、設定や利用方法がシンプルで、わかりやすい利点を生かして、専門の担当者がいない中小企業や小規模事業所等でスマートスピーカーをオフィス内で活用する企業も増えています。

今回は、企業内でのスマートスピーカーの基本的な活用法や、新たに画面やカメラが内蔵されたスマートスピーカーの活用法を解説していきます。

音声だけで使えるICT機器としての活用

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス