「こども参観日」でインタビューやワークショップを開催、企業のねらいは?

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年08月25日
ogp20230825ka_1

今夏、従業員の子供をオフィスに招待し、職場環境や仕事内容などを紹介する「こども参観日」を開催する企業が相次いでいる。

子育て支援の一環、働きやすい職場環境づくり

ベルーナ(埼玉県上尾市)は8月24日、初めて「こども参観日」を開催したことを発表。従業員の子供2歳から19歳までが参加し、商品・サービスの紹介や、名刺交換体験、親の同僚へのインタビューを体験した。開催目的として同社は以下を掲げる。

  • 親の働く姿を間近で見ることで、仕事に興味をもち、働くことの大切さを知る機会を提供
  • 未来を担う子供たちがさまざまな経験を通して社会に興味を持ったり、将来の夢や希望を考えるきっかけを提供
  • 従業員が仕事と子育てを両立できるための子育て支援

子供を参加させた親からは、「従業員が働くことについて、働いて当たり前ではなく、あらためて家族の理解と応援・支えあってのことと認識しました」「子供に仕事を理解してもらうきっかけを作ってもらえたことが、とてもありがたかった」といった子育て両立支援に対する声のほか、「子供が参加していない方とも交流していた」「子供たちの楽しそうな笑顔と歓声に私をはじめ、周囲の大人も癒されました」と社内コミュニケーションに関する意見も寄せられた。

ベルーナのお仕事を公式キャラクター「べるーにゃ」を通じて学ぶようす

子供が科学に興味をもつ機会を提供、特色を生かした社会貢献活動

管理環境センター(東京都千代田区)も8月24日、7年ぶりに開催したことを発表。社員が先生となって科学実験ワークショップや、施設内体験ツアー(分析機器体験)を実施した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス