在籍出向の助成金、10月末で一部廃止に スキルアップ支援コースは継続 厚生労働省

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年10月12日
AdobeStock_417896112_20231012

厚生労働省は10月11日、労働政策審議会職業安定分科会を開いた。分科会では産業雇用安定助成金(雇用維持支援コース)を10月末で廃止予定であることが報告された。

出向を通じての雇用維持で労使双方にメリット

産業雇用安定助成金(雇用維持支援コース)とは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で事業を一時的に縮小せざるを得なくなった事業主が、在籍型出向で労働者の雇用を維持する場合に、出向元・出向先の双方の事業主に対して一定期間(最長2年)の助成を行う制度だ。2021年にコロナ特例として創設された。

コロナ禍で事業活動の縮小を余儀なくされ、雇用への影響が長期化する中、出向を通じて雇用維持をはかることは労使双方にとってメリットがあった。政府としては、働く人々の雇用を維持することでモチベーションの維持にもつなげ、事業活動を継続してもらうことで将来的な日本経済全体の発展につなげたい、といった狙いがあった。

雇用維持支援コース廃止の背景に人手不足

今回、厚生労働省が雇用維持支援コースの廃止を報告した背景には、以下のような理由がある。

  • 新型コロナウイルス感染症を取り巻く環境の変化
  • 人手不足感の高まり
  • 出向労働者数の減少
左:日銀短観(2023年6月調査)による雇用人員判断D.I(実績および調査) 右:雇用維持支援コースを利用している出向労働者数の推移(出向計画受理状況)
厚生労働省まとめ(※画像クリックで拡大)

新型コロナウイルスを巡っては、2023年5月8日に新型コロナウイルス感染症の位置付けが2類相当から5類に変更されたこともあり、コロナ特例である雇用維持支援コースを継続する必要性が低下した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス