変わりゆくオフィスの意義と在り方

「変化を楽しむオフィス」完成。地方再生の拠点としても始動——小柳建設株式会社

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年02月02日
soumu220202000

2020年に「地域未来牽引企業」(経済産業省)に選定された小柳建設株式会社。創業76年を迎える同社は、創業の地である加茂本店(新潟県加茂市)を建て替え、2021年1月新社屋が竣工。「変化を楽しむオフィス」の全容について説明していただいた。

取材・文◎宮本 優子

建設業の働き方改革を推進 その根幹は社員の幸福

専務取締役 COO 中靜 真吾さん、統括経営管理部 部長(CIO) 和田 博司さん、総務部 部長 月岡 良一さん、PR部 部長 堂谷 紗希さん
左から、専務取締役 COO 中靜 真吾さん、統括経営管理部 部長(CIO) 和田 博司さん、総務部 部長 月岡 良一さん、PR部 部長 堂谷 紗希さん

経済産業省が進める「地域未来牽引企業」は、地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業を選定するもの。新潟の地で材木業から建設業、さらにはDX技術開発へと事業拡大をはかっている小柳建設株式会社に、国や地域が寄せる期待は大きい。

「当社はゼネコンという事業特性から、もともとリモートワークのプロ。2016年にはフルクラウド化を実現し、リモートワークによる生産性向上に努めてきました。今回の加茂本店の建て替えでは、地方創生に寄与することも視野に入れ、地方でも首都圏と同じ働き方ができることを目指しました」(専務取締役 COO 中靜真吾さん)

同社の経営理念は「事業を通じて人類・社会の進化・発展に貢献すると同時に、全従業員とその家族の物心両面の幸福を追求し、誇りをもって会社を後世に伝えるものとする」。3代目となる小柳卓蔵社長は、7年前に32歳で社長に就任。3Kといわれる建設業の、従来の労働環境やIT化の遅れに問題意識を持っていた。加えて、先代社長の父のように社員を大切にしていきたいとの思いから、2015年より社内のDX化に着手し、働き方改革を推進してきたという。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス