半年で212件、バックオフィスからの炭素削減アクションは新しい働き方を実現する メンバーズ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年10月31日
ogp20231031tu_1

デジタルビジネスの運用支援を行うメンバーズ(東京都中央区)は10月30日、同社の脱炭素の取り組みの成果を取りまとめ公表した。半年間で実施した脱炭素のためのアクションは約1000件で、想定炭素削減量は杉林約115ha(東京ドーム約25個分の広さ)が1年間に吸収する量に相当する1011t-CO2となった。

社員発案「取り組みたい」アクションから宣言 全社で981件実施

脱炭素化を推進するにあたり、同社は、「顧客企業へ提案や承諾がなくても実践できるアクションからまず始める」という方針の下、デジタルクリエイターからバックオフィスまで、全社員が取り組めるアクションリスト「脱炭素アクション100」を策定。社員が「このアクションに取り組みたい」「できるかわからないけど挑戦したい」と思うアクションを選択する「宣言」を実施するところから開始し、その後、具体的なアクションを実施するための推進プロセスを展開した。

脱炭素アクション実行イメージ
脱炭素アクション実行イメージ(※画像クリックで拡大)

バックオフィス部門では、コミュニケーションのオンライン化や効率化、社内業務の電子・デジタル化、サーバー稼働環境の設計変更などの環境負荷低減の取り組みなど、主に全社の生産性向上やコスト削減につながるアクションを中心に212件を実行した。このうち、最も削減効果があったのは、参加者の飛行機移動を抑制し、交通による炭素排出量を削減するなどオンライン化施策によるものだった。

具体的なアクションプランと削減効果は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス