コロナ禍で女性の非正規労働者が大幅減少、ママの就業者数は-38万人 2021年労働経済白書

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月01日
child-1073638_640

厚生労働省が7月16日、「令和3年版 労働経済の分析」(労働経済白書)を公表した。

「労働経済白書」は、一般経済や雇用、労働時間などの現状や課題について、統計データを活用して分析する報告書。72回目の今回は「新型コロナウイルス感染症が雇用・労働に及ぼした影響」をテーマに分析が行われた。

2020年は、新型コロナウイルス感染症が労働経済に大きな影響を与えたことなどを踏まえて、労働経済白書の作成が見送られており、令和3年版は2019年と2020年の2年間が対象。

労働時間は全体的に減少傾向、有給休暇取得率は5割を超える

月間実労働時間の推移をみると、2020年は135.2時間と減少。その理由として、働き方改革関連法による時間外労働の上限規制の導入や、年5日の年次有給休暇の確実な取得などを背景に挙げている。

月間総実労働時間の推移
月間総実労働時間の推移

また、年次有給休暇の取得率については、企業規模に関わらず上昇傾向。従業員数1,000人以上の企業が最も高く63.1%、30~99人規模の企業でも51.1%と2020年は全体平均で5割を超えた。

年次有給休暇の取得率の推移
年次有給休暇の取得率の推移

対人サービスを中心とした産業への打撃が明確に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス