採択の可能性を上げる 補助金申請ガイド

補助金採択後の対応ポイント

銀座スフィア税理士法人 代表社員 水谷 翠
最終更新日:
2022年03月04日
soumu220304100

事業者を支援するためにあるさまざまな補助金制度。しかし、交付されるには審査の必要があり、その際に最大の難関となるのが申請書の作成です。対策をせずに、ただ作成するだけでは補助金の交付を受けることはできないかもしれません。ここでは、補助金採択後の留意点についてご紹介します。

補助金が採択されたら

補助金が採択されたあとにも、いくつもの手続きが待っています(「補助金申請のテクニック」の「図表:補助金交付スケジュール」を参照)。これらの手続きを適宜正しく行わなければ、補助金の支払いまでにかなりの時間を要したり、補助金が交付されない可能性もあります。

なお、全ての補助事業は「補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(以下、適正化法)」にのっとって運営されます。

交付申請

交付申請とは、採択通知を受け取ったあとに行う、より詳細な補助対象経費の申請を行う手続きです。交付申請手続きが完了し、交付決定となった時点から補助事業期間が開始しますので、この手続きはなるべく早く進めることが望ましいといえます。補助対象経費の見積書は申請時には提出不要ですが、交付申請時に必要となりますので早めに入手しておくと良いでしょう。

中間検査

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

mizutani-4

銀座スフィア税理士法人 代表社員
水谷 翠

公認会計士・税理士・行政書士。「親切な対応、丁寧な仕事、役に立つアドバイスで、中小企業の夢を応援します!」を掲げ、税務相談にとどまらない会計事務所を目指す。過去に補助金事務局に在籍した経験を生かし、クライアントの補助金申請支援を行うとともに、申請支援を行う税理士、社会保険労務士、商工会等向けの研修講師としても活躍。

関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス