伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が嘱託社員制度を刷新 正社員と同水準のジョブ型を採用

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年03月01日
AdobeStock_303383635_20240301

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC、東京都港区)は2024年4月から、嘱託社員のさらなる活躍を目的に、定年後の再雇用制度を「嘱託再雇用制度」として刷新する。正社員同様の役割を設定するとともに、報酬水準を引き上げ、社員のモチベーション向上と企業としての人材力の強化をはかる。

正社員と同基準のジョブ型制度採用 中途採用にも適用、人的資本強化をはかる

今回の嘱託再雇用制度では、多様な人材が活躍できるよう、期待される役割に応じた以下の3コースを設定する。

  • 高度専門職コース(スペシャリスト職相当):高い専門性を生かし会社に貢献する
  • 専任職コース(実務担当者レベル):中堅層として能力を発揮する
  • 専属職コース(限定的・定型的業務):これまでよりも業務量や負荷を軽減する

役割設定は、正社員と同水準で設定する。たとえば、高度専門職コースでは、特定の仕事を遂行できる人材を配置し、職務や役割で評価する「ジョブ型制度」の要素を取り入れ、正社員スペシャリスト職と同基準で役割の大きさを定量化し等級を決める。

今回の「嘱託再雇用制度」におけるコース選択のイメージ
今回の「嘱託再雇用制度」におけるコース選択のイメージ

コースごとに働き方を設定、メリハリのある評価制度で働く意欲を向上

また、同制度ではコースごとに勤務体制や働き方が異なり、転勤や出向の有無や週4日勤務の可否など、働き方を柔軟に選択できるのが特徴だ。定年前の部署や業務継続、得意分野や業務経験をより生かせる組織や役割への異動が実現できる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス