資生堂、子育て中の社員の子育て支援制度を拡充 ベビーシッターサービスなどを提供

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年03月31日
AdobeStock_399025473_20230331

資生堂(東京都中央区)は3月30日、乳幼児から小学生までの年齢層の子供を持つ同社社員や提携先企業の社員を対象に、子育て支援サービス「KANGAROOM+」(カンガルームプラス)を提供すると発表した。

体験型育児トレーニングや親子参加型イベントなど 拡充された資生堂の子育て支援制度

資生堂が子育て支援制度を拡充したのは、多様化する働き方や社員の子育てに対するニーズに対応するため。具体的には以下のサービスを社員などに提供する。

  • 生後57日~小学校6年生までの乳児や児童を1対1で預かるベビーシッターサービス
  • 社員の子供である小学生が夏休みなどの長期休暇中の間に特別プログラムを提供する「キッズプログラム」
  • 新生児ケアや妊婦スーツを着た妊婦体験、仕事との両立を含めた子供との生活への準備を対面とオンラインで実施する体験型育児トレーニング「KODOMOLOGYイクトレ」プログラム
  • 生後1週間~2か月の乳児がいるため産後休暇を取得した女性社員や産後パパ育児休暇中の男性社員を対象に、産後ケア専門研修を履修したスタッフによる育児サポートの実施(2023年10月に提供開始予定)
  • 未就学児を対象に、夏祭りやハロウィン、クリスマスなど季節ごとの親子参加型のイベントの実施
  • 子供の睡眠や絵本の選び方といった子育てに役立つ情報を伝える「仕事・子育て両立セミナー」を対面とオンラインで実施
  • 育児休業中や子育て中の社員の交流の場を提供

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス