関西最大のバックオフィス向け展示会 「総務・人事・経理 Week」11月17日から開催

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年11月04日
229697808_800

11月17日(水)から19日(金)の3日間、「第6回 関西 総務・人事・経理 Week」が開催される。同イベントは、総務・人事・経理・経営者向けの展示会で、管理部門向けのあらゆる製品・サービスが8つの専門分野ごとに出展。会場はインテックス大阪となっており、期間中、全32講演のセミナーが予定され、うち14講演は無料で聴講可能となっている。

なお、2022年2月には名古屋(会場:ポートメッセ名古屋)、5月には東京(会場:東京ビッグサイト)での開催を予定している。

8つの専門展で構成 オフィスの防災、働き方改革など

同イベントは、「働き方改革 EXPO」、「HR EXPO(人事労務・教育・採用)」、「福利厚生 EXPO」、「会計・財務 EXPO」、「総務サービス EXPO」、「オフィス防災 EXPO」、「法務・知財 EXPO」、「広報・IR EXPO」の8つで構成され、各部門に応じたシステムやサービスを展示。

オフィス防災の分野では、災害対策製品、備蓄品、発電・蓄電、非常用通信などの製品を、働き方改革の分野では、テレワーク支援や会議システム、ワークプレイス構築など、最新のシステムたサービスをチェックすることが可能で、各企業の経営者および管理部門担当者が、それぞれに力を入れたい分野を検討しやすい構成となっている。

『月刊総務』も、文具・事務用品、出張管理、車両管理などオフィス向けサービスに特化した「総務サービス EXPO」の「小間番号5-40」にて出展を予定している。

セミナーで最新動向をキャッチ 「特別講演」は無料で参加可能

イベント期間中は、各分野の専門家を招いた全32講演を実施予定。有料の基調講演のほか、無料の特別講演も14講演ほど予定されている。

主な無料セミナーの日程は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス