外国人人材の受け入れ制度の在り方とポイント

外国人を雇用する際の注意点(3ページ目)

弁護士法人デイライト法律事務所 弁護士 西村 裕一
最終更新日:
2023年01月11日
gs230111100

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

y-nishimura

弁護士法人デイライト法律事務所 弁護士
西村 裕一

弁護士、入国管理局申請取次者、弁護士法人デイライト法律事務所パートナー。外国人雇用に関する問題(ビザや技能実習生の労務管理、ユニオン対応等)も含め、企業側で労働問題を数多く取り扱っている。著書に『外国人雇用の労務管理と社会保険』(中央経済社)等がある。

関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス