小林製薬のDX人材採用、現場社員も主体的に参加できる「スクラム採用」の仕組みを取り入れ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月06日
AdobeStock_288902884_20231106

小林製薬(大阪府大阪市)は11月2日、HERP(東京都品川区)が提供するデジタル人材採用管理システム「HERP Hire(ハープ ハイアー)」を導入したと発表した。

人材採用プロセスもDXで効率と成果を獲得 現場社員も参加する「スクラム採用」とは

同社では、1月に社長直下の組織としてCDOユニットを新設。2021年から同社のデジタル戦略の社外アドバイザーを務めていた石戸亮氏をCDO(チーフ・デジタル・オフィサー)を迎え、従来のシステム部と経営企画部のDX推進担当をDX推進グループとした約70人ほどの組織で始動、「全社員提案制度」など、同社の文化を生かしたDXに取り組んでいる

同社では、デジタル人材の採用からオンボーディングまで一連の人材獲得機能の強化を目指し、ITベンチャーなどでの実務経験を持つ人事担当者を採用した。また、6月からは新たなデジタル系の採用ポジションを多数オープンしており、今回、採用活動をさらに加速させるためにHERP Hireを導入した。

HERP Hireは、採用業務の効率化をはかり、採用プロセスに現場社員を巻き込みやすくする採用管理システムで、次のような特徴を持つ。

チャット連携で、候補者に関する情報やフィードバックを一元管理

HERP Hireは、関係者が応募情報を見ながらチャットで議論することができるため、候補者に関する情報やフィードバックが一元管理しやすくなる。

また、SlackやChatworkを通じて関係者に通知を送ることができるため、実際の仕事内容を深く理解する現場社員がスカウト対象の選定に携わりやすくなる。

デジタル人材採用を加速する採用管理システム「HERP Hire」

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス