経産省、「健康経営銘柄2022」「健康経営優良法人2022」申請受付開始 参加企業は年々増加

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月01日
20210901_d

経済産業省は8月30日、「健康経営銘柄2022」および「健康経営優良法人2022」の申請受付を開始した。

健康経営がより評価される環境を整備し、健康経営の裾野の拡大を図るため、本年度から情報開示の促進など新たな項目が、健康経営度調査に追加された。2021年度健康経営度調査の回答期限は、2021年10月25日まで。

同省は、健康長寿社会の実現に向けた取り組みとして、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、健康の保持・増進につながる取り組みを戦略的に実践する「健康経営」を推進している。

健康経営銘柄ほかロゴ

日経平均株価を構成する銘柄の8割を超える企業が「健康経営度調査」に回答

2014年度からは、法人の健康経営の取り組み状況と経年での変化を分析するとともに、「健康経営銘柄」の選定および、「健康経営優良法人(大規模法人部門)」の認定のための基礎情報を得ることを目的とした「健康経営度調査」実施しており、回答する法人は年々増加している。

必須の企業戦略としての「健康経営」

健康経営がより評価される環境を整備し、健康経営の裾野の拡大を図るため、本年度より新たに調査に追加されたのは、以下の3点。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス