国交省、「建設業の海外進出法務セミナー」を無料開催 東南アジアの事例やトラブル防止策を解説

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月06日
20210906_earth1

国土交通省は9月15日(水)、建設業の海外展開を支援するための「第2回 建設業の海外進出法務セミナー」をオンラインで開催する。参加費は無料で、申し込みは9月14日(火) 12:00まで。

同セミナーでは、海外進出における留意点や、法律および契約に関わるトラブルの未然防止策等の情報提供、実際に相談を受けた事例などを題材にケーススタディを行う。

講師は、諸外国で現地事務所の開設や現地ローファームとの提携を行っている、長島・大野・常松法律事務所の弁護士が務める。

ベトナム・タイ・インドネシアの事例を想定したケーススタディ

本セミナーでは、現地建設企業との合弁における留意点など、海外進出において問題になることの多い事例を扱う。

具体的には「ODA事業で下請けに入ったが、一向に工事が開始されない場合の対応方法(ベトナム)」や「建設事業の元請けが、下請けの従業員に対する労働債務履行義務を負わせられるリスク、およびその軽減方法(タイ)」などの事例を予定している(変更の予定あり)。

開催概要

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス