キリンビバレッジと日立社会情報サービスが連携 データドリブンな健康経営サービスの展開を目指す

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年11月25日
297255878_800

キリンビバレッジと日立社会情報サービスは11月24日、ヘルスリテラシーデータや健診データをより効果的に健康経営に生かすための実証実験の開始を発表した。同実験の被験者は、キリンビバレッジの法人向け健康経営支援サービス「KIRIN naturals」を利用する日立社会情報サービスの従業員が中心。実施期間は、2021年11月から2022年3月を予定している。

ウェルネス分野における施策効果の定量化を目指すキリンビバレッジと、民間企業へのサービス利用拡大を計画する日立社会情報サービスの目的が合致し、両社のサービス価値向上に向けた実験を展開していく。

従業員の健康データを活用 企業の健康施策の効果を可視化

今回の実証実験は、「健康経営施策の効果分析」と「健診データとヘルスリテラシーデータとの相関分析」の2軸で実施。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス