アフター5の実現へ、三井住友海上が定時退社を前提とした働き方改革 中期経営計画に盛り込む

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年03月27日
photoAC_25575559_20240327

三井住友海上火災保険(東京都千代田区)は3月25日、 4月から「定時(17時)退社」を経営目標に掲げ、残業対策に取り組むと発表した。

組織長の意識改革と実態把握で業務を見直す

今回の目標設定で、社員のアフターファイブの時間を確保し、優秀な人材の確保を目指す。また、社員が育児介護と仕事の両立やスキルアップなどの自己実現に時間を確保できるよう、全社的に取り組む。

今回、同社では以下の取り組みを行いながら、業務の見直しを行う。

  • 組織長の服務基準に「全社員が定時退社できる職場環境を整備する」ことを掲げる
  • 組織長向けの研修を通じて取り組み徹底をはかる
  • 定量データ・定性情報から定時退社の実態を把握する

なお大規模災害や業務繁忙期などにおける残業に対しては、柔軟に対応する考えだ。

育児や介護の両立が増える中、「定時退社」を経営課題に

同社は、2017年4月から「遅くとも原則19時前退社ルール」を開始。生産性向上に向けた取り組みが加速し、現在は19時前退社が定着したが、17時以降も業務に従事する社員は多く、育児・介護と両立する社員を中心に「定時に帰りにくい雰囲気」があるとの意見が寄せられていたという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス