RPAの活用

RPAの活用【第2回】RPAの導入効果を検証する

株式会社オデッセイ  代表取締役社長 秋葉 尊
最終更新日:
2018年04月13日

前回の内容でRPAがどのようなもので、なぜ今注目されているかについてはご理解していただけたと思う。次はどのぐらいの効果を生むものなのかが気になるところだろう。今回はそのRPAの導入効果を検証してみる。

人事、給与業務のうち約70%以上の操作・運用はRPAで代行できる

株式会社オデッセイでは2017年にRPAテクノロジーズの「BizRobo」を活用し、「SAP HCM(※)」を利用した人事業務をロボットに代行させる国内初のRPAソリューション「HRRobo For SAP HCM(以下、HRRobo)」を開発した。事前に実施した業務フローベースでの適用分析では、「SAP HCM」の人事、給与業務のうち70%以上の操作・運用がロボットで代行可能という結果が出ている。ロボットが24時間×365日で稼働できることを考えれば、人事部門は、ほとんどの定型業務から解放されそうだ。

※「SAP」は企業の経営資源を有効に活用し経営を効率化するために、基幹業務を部門ごとではなく統合的に管理するための、ドイツのSAP社が開発・販売するソフトウエアパッケージの一種。「HCM(Human Capital Management)」は、従業員の能力を企業の重要な経営資源と捉え、各従業員のビジネス活動の成果から人材開発による能力向上までを統合的に把握し、従業員の能力を最大限に活用し、継続的な人材開発を進める人事管理手法。

絶大なRPAの導入効果

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

akiba_photo

株式会社オデッセイ  代表取締役社長
秋葉 尊

大学卒業後、NECに入社。20年にわたり中堅企業や大企業に対するソリューション営業やマーケティングを担当。2003年5月に株式会社オデッセイ入社、代表取締役副社長に就任。2011年4月代表取締役社長に就任、現在に至る。
「人も会社も『活き活き』とさせる人事ソリューションを提供して社会に貢献する」のミッションのもと人事給与システムはもとより、タレントマネジメントやRPAに至るまで、人事部門や経営者に有益なソリューションを多面的に取り組んでいる。
2017年7月「ロボットによる人事の生産性向上・働き方改革を実現するシステム」のテーマで東京都経営革新計画の承認を受ける。
ATD(Association for Talent Development)タレントマネジメント委員会メンバー、HRテクノロジーコンソーシアム会員、日本RPA協会会員を務める。

関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス