インサイドセールスで効果を発揮、残業2割削減など 「第24回テレワーク推進賞」受賞事例

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月30日
photoAC_25491368_20230524

一般社団法人日本テレワーク協会(東京都千代田区)は11月29日、「第24回テレワーク推進賞」の受賞結果を発表し、9の企業・団体が選ばれた。

テレワーク活用による個人・チームの生産性向上など、先進的な取り組みを評価

同賞は、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方である「テレワーク」を推進する企業を表彰するもので、2000年から実施している。今年度は「見つけよう!真に時間と場所にとらわれない暮らしと仕事のスタイル」をテーマに募集した。

表彰は会長賞のほか、カテゴリ別の部門があり、実践事例・普及貢献/ビジネス創出・地域活性化・社会貢献・ユニークな取り組みに特徴のある企業が選出される。

今年度の受賞企業の主な取り組み内容と受賞理由は、以下の通り。

実践事例(優秀賞):富士フイルムビジネスイノベーションジャパン(東京都江東区)

同社では、ABW(業務内容や気分に合わせて時間と場所を自由に選択できる働き方)を導入しているが、モバイルPCやスマホのほか、「どこでもプリント」や電子契約・帳票電子化などの多彩なソリューションを組み合わせることで、効率的なテレワークを実現。業務プロセスの改善とともに、人事制度やオフィス環境の総合的な改革をはかっている。

テレワークの実践事例では、全国横断でのインサイドセールス、テレセールス活動などで具体的な実績につながっているという。

同社の「個人とチームの生産性を高める働き方改革の取り組み」について、同賞審査委員会は、テレワーク実践のステップとしては自社での定着が完了しており、その知見を基に、他社に広く拡散するステージに到達していると評価する。

リモート会議のようす(「第24回テレワーク推進賞」応募動画YouTubeより)
リモート会議のようす(「第24回テレワーク推進賞」応募動画YouTubeより)

ビジネス創出・地域活性化(奨励賞):寿商会(石川県金沢市)

同社のテレワークは、「どこにいても仕事の質やスピードが変わらない取り組みができる」点に特徴がある。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス