変化に強い組織をつくる「ワークフロー経営」のススメ

【ペーパーレス推進】ワークフロー導入時に失敗しないポイントは3つ

ワークフロー総研
最終更新日:
2022年11月04日
20221029_01

前回、Withコロナ・Afterコロナの時代にふさわしい変化に強い組織のつくり方の一つとして、ワークフローシステムをご紹介しました。では、ワークフローシステムを導入することにより、企業は具体的にどのような効果を得ることができるのでしょうか。まずはペーパーレス化の効果について取り上げます。

ワークフローシステムがペーパーレス化に効果的な理由

りん書をはじめ各種申請書など社内文書を多く電子化することができるため、ペーパーレス化の取り組みの足掛かりとしてワークフローシステムを導入する企業も少なくありません。

それでは、ワークフローシステムはなぜペーパーレス化に効果的なのか、その理由について、確認していきましょう。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

20220927_02


ワークフロー総研

ワークフロー総研」では、ワークフローをWork(仕事)+Flow(流れ)=「業務プロセス」と定義して、日常業務の課題や顧客の潜在ニーズの視点からワークフローの必要性、重要性を伝えていくために、取材やアンケート調査を元にオンライン上で情報を発信していきます。また、幅広い情報発信を目指すために、専門家や企業とのコラボレーションを進め、広く深くわかりやすい情報を提供してまいります。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス