労災(労働災害):労災保険の適用範囲

最終更新日:2010年03月14日

労災(労働災害):目次

労災保険の適用範囲は、基本的に労働者を使用している会社すべてとなる。





これは、「強制適用事業」と呼ばれている。一方、例外として一部の「農林水産業」の事業を営む個人経営の会社は、任意でよいとされていて、これを「暫定任意適用事業」という。


労災保険の適用となる労働者の範囲は、労働基準法でいう労働者の範囲と同じ。つまり、会社に勤務している社員をはじめパートやアルバイト、外国人労働者、出向者、派遣社員など、ほぼすべての人が適用の対象となる。





(執筆: クリフィックス税理士法人 村松鋭士 / 「月刊総務」2008年10月号より抜粋・編集)

労災保険の適用範囲の内容に関連する記事

特別企画、サービス