委託先の管理「チェックシートで管理」が7割 人手不足・予算不足の中DXが進まず

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年04月10日
ogp20240410mo_1

アトミテック(東京都港区)は4月9日、企業で委託先を管理する担当者300人を対象とした、リスク管理の実態調査結果を発表。委託先のリスク管理業務の担当部署や、リスク評価・棚卸・監査といった実務の状況を明らかにした。

委託先の管理、「経営者・役員」が23%、総務担当は1割 「チェックシートで管理」が7割

委託先リスク管理業務の担当は、「経営者・役員」が23.3%と最も多く、次いで「営業・販売部門(11.7%)」「総務(10.3%)」と続く。特に中小企業では、経営者・役員が兼務していることが多い。また、「リスク管理部門」が担当するケースは2.7%と少なく、他業務と兼任している傾向が強いことがうかがえる。

委託先リスク管理業務の担当部署
委託先リスク管理業務の担当部署(アトミテック「委託先リスク管理の実態調査」) ※画像クリックで拡大

委託先管理にチェックシートを用いているのは71.7%。チェックシートの項目数の平均は31件、チェックシートの項目は、「サイバーセキュリティ」が最も多く、約6割。次いで「コンプライアンス」「個人情報・機密情報保護」となっている。

委託先リスク管理業務のチェックシート項目
委託先リスク管理業務のチェックシート項目(アトミテック「委託先リスク管理の実態調査」) ※画像クリックで拡大

なお、BCP・インシデント対応は従業員数40人以下の企業では17.1%、500人以上の企業では40.8%と、大企業ほど項目としての採用率が高く、意識や取り組み状況に差が出ている。

リスク発見時の対応「何もしていない」2割弱 リソース不足が明確に

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス