アジャイルな組織、アジャイルな働き方で総務を強くする

【企業事例】アジャイル+ティール組織でカンパニー内が変化

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年10月20日
gs221020100

日本特殊陶業株式会社の社内カンパニー「Business Creationカンパニー」は、ティール組織のホラクラシーをベースにした組織のアジャイル化に取り組んでいる。人材マネジメントを担当する塚田哲司さんと、アジャイル導入をけん引した川瀬広樹さんに、これまでの成果をうかがった。

取材・文◎武田 洋子

新事業の創出にあたり組織の風土から変革

日本特殊陶業株式会社は1936年創業。自動車のスパークプラグや内燃機関用関連品の製造で世界トップのシェアを誇る、従業員数約1万6,000人(連結)の大企業だ。社内カンパニーである「Business Creationカンパニー」は、市場の変化に伴う新事業の創出を担っている。前提になるのは「決められた仕事を決められた期日までにやり切る」という従来の形からの脱却だ。

塚田 哲司さん、川瀬 広樹さん
日本特殊陶業株式会社
Business Creationカンパニー

ビジネス戦略部
人材マネジメント課 主管
塚田 哲司さん(左)

R&D コラボレーション部
脱炭素課 主任
川瀬 広樹さん(右)

副カンパニー長の稲垣浩さんは、イノベーションを起こすには若手が声を上げやすい風土の創造とメンバーの自律が必須であると考えていた。塚田哲司さんは、当時を振り返る。

「若手と中堅社員で風土変革のプロジェクトチームをつくり徹底的に議論した結果、4つの価値観を共有することができました。『顧客価値の追求』『多様性活用』『個々が生む価値』『社内の文化的常識からの離脱』です」(塚田さん)

みんなで決めた共有価値観をベースに具体的な組織変革を始めるための手法が検討される中、副社長の松井徹さんがアジャイル開発手法のスクラムと、ティール型組織運営のホラクラシーを試してみたいと案を出す。これが、同カンパニーにおけるアジャイル化の最初の一歩となった。

風土変革プロジェクトの一人だった川瀬広樹さんは3日間の研修を受け、スクラムは自分たちが目指すべき姿を実現できる手法だと実感。まず、当時所属していた人材開発課にプリインストールした。新事業の開発にスクラムを導入したことで、息継ぎなく続く開発の苦しさから解放される感覚があったという。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス