NTTデータ関西、法人・公益企業向けに総合防災情報システムを展開 BCP対策に寄与

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年11月01日
20211101_saigai

NTTデータ関西(大阪府大阪市)は10月27日、全国の自治体に展開している総合防災情報システム「EYE-BOUSAI」を、11月から法人・公益企業向けに「EYE-BOUSAI BCP」として展開すると発表した。法人・公益企業の多くはBCP(事業継続計画)を制定し、有事の際はBCPに基づいて対応を実施するが、その災害対策を支援・補完するのが目的。

本システムはクラウドサービスを利用し、地理的に分散した施設・工場などの各拠点の被害状況および、気象・地震・災害に関連する情報をリアルタイムかつ一元的に把握することができる。そのため災害リスクに対する判断(意思決定)が容易となり、従業員の安否状況の確認や緊急指示事項に関しても、迅速な共有・コミュニケーションが可能となる。

情報の整理や集約を目的とする出社が不要 クラウドサービスを利用した総合防災情報システム

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス