ユーグレナ、大学生アドバイザリーボードを設置 未来世代との対話をサステナビリティ活動へ反映

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年02月02日
ogp20240202na_1

ユーグレナ(東京都港区)は、2024年2月から、経営のサステナビリティをさらに強化するため、「未来世代アドバイザリーボード」を設置すると発表した。

同社では、2019年に18歳以下限定でCFO(最高未来責任者)のポジションを設置した。これまでに3代のCFOが就任し、気候変動やウェルビーイング、ポストSDGsを見据えた提言を行ってきた。未来世代アドバイザリーボードは「提言型」のCFOの取り組みを「対話型」にアップデートした形だ。

3人のアドバイザリーボードはいずれも大学生

同社には、サステナビリティ活動、ESG経営を推進するための各種方針、目標、戦略や対応策を議論するサステナビリティ委員会があり、未来世代アドバイザリーボードは、サステナビリティ委員会の下に配置される。

未来世代アドバイザリーボードの具体的な活動内容は以下の通り。

  • Co-CEOとのディスカッション(3か月に1回)
  • サステナビリティ委員会への参加(年3回)
  • 当社の商品設計や各種イベントなどのプロジェクト担当者との対話(月に1、2回)
  • CFOアルムナイ形成や未来世代との取り組みの企画検討

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス