BTM徒然草

BTM徒然草 最終話:2017年度の総括

BTMA Japan(ビジネス・トラベル・マネジメント・アドバイザーズ・ジャパン)  代表 森 栄蔵
最終更新日:
2018年05月08日

BTM徒然草も今回で最終回。終えるにあたり、2017年度の総括に入る。私は某大手OTA(Online Travel Agency)とコンサル業務契約をしており、毎月の市場動向調査、BTMに関して直接アドバイスをしたり、報告書として提出している。今回の総括はそれらを基にまとめたものである。

また、コーポレート・トラベルに関する統計・関連情報は、日本では未整備のため、海外統計と航空会社およびTMC(ビジネストラベル・マネジメントに特化した専門旅行会社)での実務経験を参考にした当事務所の推計になる。

出張費のコスト削減

日本企業が業務出張に支出するT&E(出張費)の総額は年間12兆円を超え、その内の7割、あるいは6割が航空運賃、鉄道運賃および宿泊費と推定される。したがって、コーポレート・トラベルを専門旅行会社に外部委託して、コスト削減をはかる必要性は十分あると考えられるだろう。特に、海外出張の多い企業で航空運賃支払額が5億円を超える場合は、コスト削減の余地が多いといえる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

mori_photo

BTMA Japan(ビジネス・トラベル・マネジメント・アドバイザーズ・ジャパン)  代表
森 栄蔵

プロフィール
BTMA Japan(ビジネス・トラベル・マネジメント・アドバイザーズ・ジャパン)代表。プリンシパル・アドバイザーとして大手総合旅行会社、インハウス旅行会社、GDSに日本型BTM導入指導、社員の教育訓練を5年間実施。ほかに外資企業のBTMアドバイザーとして旅行業務包括契約の会社選任入札、入札後のベンダーマネジメント、旅行業営業力強化研修を中心に助言・指導を行っている。
日本国際観光学会に所属時は、ビジネス・トラベル・マネジメントと戦後海外旅行発達の歴史をライフワークテーマとして研究・発表活動を行ってきた。4年にわたり全国大会のセミナーでBTM理解と普及を目的として研究成果を発表。大手BTM旅行会社(TMC)およびインハウス旅行社相互の勉強会主宰、活動中。
2009年2月、旅行会社トップマネジメントクラブ、トラベル懇話会にて講演発表、目下の研究分野は危機管理、サプライヤー交渉のe-RFP、戦略的ミーティング管理(SMM)及びMICE分野。米国MICE関連公認資格CMPを2012年3月取得。ハラール管理者講習修了書取得。2013年観光庁MICE人材育成支援社のCMP受験をトラベルジャーナルと共同実施、合格者輩出。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス