株主総会運営:担当者注意事項

最終更新日:2010年03月07日

株主総会運営:目次

株主総会を行う際、当日の各担当者に共通する注意事項は下記の通り。

(1) 心構え

・各担当者の行動が株主にとり会社のイメージとなる。各自の行動が株主総会運営に微妙に影響する面があることを良く心得ること。

・各担当全体と自分自身の役割を事前に良く理解すること。

・時間又は場面により役割が変わる担当者は注意すること。

・挨拶はハキハキし対応は丁寧に行う。私語は慎むこと。

・不測の事態が発生した場合は、リーダーに即報告し指示を受けること。

・会場は自社の会議室だが、株主にとっては一般会場であるということに留意すること(自社会場の場合)。

(2) 事前の注意事項

・各担当者の内で単位株主の者は、前日までに委任状・議決権行使書を提出すること。

・株主総会の運営に関する事項を社外で話題にしないこと。

・株主総会当日、株主として顔見知り(社員株主)がいても声を掛けないこと。

(執筆:『月刊総務』)

担当者注意事項の内容に関連する記事

特別企画、サービス