法令改正情報

総務部門が押さえておくべき 2022(令和4)年に施行の法令改正情報(3)

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年01月13日
soumu220113000

2022年は、育児・介護休業法や道路交通法、年金関連の制度が段階的に施行されます。本稿では今年施行される法令の中で、白ナンバーの営業車のアルコールチェック義務化、男性育休取得の促進、年金制度をピックアップしました。事前に確認し、総務業務に役立てていきましょう。

監修◎和田倉門法律事務所 弁護士 野村 彩さん

総務部門が押さえておくべき 2022(令和4)年に施行の法令改正情報(1)はこちら

総務部門が押さえておくべき 2022(令和4)年に施行の法令改正情報(2)はこちら

白ナンバーの営業車もアルコールチェック義務化へ(道路交通法)

乗用車5台以上または乗車定員が11人以上の自動車を1台以上使用する事業所に対し、運転者のアルコールチェックが義務化されます。

4月1日〜

運転しようとする運転者および運転を終了した運転者に対し、酒気帯びの有無について、目視等で確認すること。また、確認の内容を記録し、その記録を1年間保存すること。

10月1日〜

上記の目視等での確認のほか、アルコール検知器を用いて確認を行うこと。また、確認内容の記録・保存をし、アルコール検知器を常時有効に保持すること。

※1年間の記録の保存は、手書き、データいずれでも問題ありません。

男性育休取得の促進に向けて(育児・介護休業法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法)

4月1日〜

雇用環境整備、個別の周知・意向確認の措置の義務化

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス