法令改正情報

総務が押さえておくべき 2023(令和5)年に施行の法令改正情報

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年02月02日
gs230202100

2023年は2022年に引き続き施行される育児・介護休業法のほか、労働基準法や労働安全衛生法、国民年金法の改正法令などが施行されます。本稿では今年に施行等される法令の中で、総務業務関連のものをピックアップしました。

監修◎和田倉門法律事務所 弁護士 野村 彩さん

労働基準法(4月1日~)

中小企業における月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率の引き上げ

月60時間超の残業割増賃金率が中小企業でも50パーセントに引き上げられる。

改定概要

  • 1か月60時間を超える時間外労働に対して、使用者は50パーセント以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。
  • 月60時間を超える時間外労働を深夜(22時~5時)の時間帯に行わせた場合、深夜割増賃金率25パーセント+時間外割増賃金率50パーセント=75パーセント以上となる。
  • 月60時間超の時間外労働時間の算定には、法定休日に行った労働時間は含まれない。しかし、それ以外の休日に行った労働時間は含まれる。
  • 月60時間を超える法定時間外労働を行った労働者の健康を確保するため、引き上げ分の割増賃金の支払いの代わりに有給の休暇(代替休暇)を付与することができる。

労働安全衛生法(4月1日~)

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス