パナソニックコネクトがテレワーク縮小、週3日出社を原則化 意思決定のスピードアップ目指す

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年06月26日
AdobeStock_396730885_20230626

パナソニック コネクト(東京都中央区)は6月23日、週3日以上の出社を原則とすることを発表した。グループの国内従業員1万3400人を対象に7月より実施する。

ビジネスが好転「人がダイレクトにコミュニケーションできることに代わるものはない」

新型コロナウイルス感染症の流行前から、ITをフル活用した勤務形態を推進していたことにより、コロナ禍になっても生産性を落とすことなくビジネスを継続できたという同社。現在は、コロナ禍の影響を受けたビジネスが好転し、勢いを増している状況だという。この機を逃さず、さらに加速したいと考えから、5月に新型コロナが5類に移行したこともあり、原則週3日以上の出社に踏み切った。

「人がダイレクトにコミュニケーションできることに代わるものはない」と同社CEO。働く現場のリアルなコミュニケーションを意識的に増やすことにより、意思決定のスピードアップやイノベーション創出、顧客とのエンゲージメント強化やクリエイティブな発想促進をはかる。

週3日以上の出社は、あくまでも原則であり、従業員個々の事情がある場合は、既存の勤務施策を適用して、適切な働き方を選択することは可能としている。

従業員個々の自律的な働き方の最適解を選択可能に

同社は自律的な働き方を実現するために、フリーアドレス制や服装のカジュアル化などを他社に先駆けて導入。週3日、週4日勤務や時短勤務を認める「ワーク&ライフサポート勤務」や「キャリア開発サポート勤務」を始め、従業員一人ひとりが最大限に能力を発揮して活躍できるよう、以下のような取り組みを実施している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス