人事制度で組織力が30%アップする

【第3回】人事制度の運用編:目標設定力を磨く(1)

株式会社中央人事総研  代表取締役 社員成長支援コンサルタント 大竹 英紀
最終更新日:
2020年03月05日

 第3回目は、人事制度(社員成長支援制度)を使って、目標設定力を磨く方法についてお話しします。


■目標設定の問題点


※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

ootake_photo

株式会社中央人事総研  代表取締役 社員成長支援コンサルタント
大竹 英紀

・愛知県西尾市生まれ。1964年12月27日生。
・1988年南山大学経営学部卒業。
・セントラルファイナンス株式会社勤務後、1991年よりアタックス・今井会計グループ(現アタックスグループ)にて、さまざまな業種の経営および人事コンサルティング・社員教育に従事。
・2004年、「夢と希望 成長する元気な会社を創出」をモットーに中央人事総合研究所を設立。
・2010年7月、株式会社中央人事総研 代表取締役に就任。

特に組織活性化および社員のモチベーションアップを仕掛ける人事制度設計を得意とし、「会社と社員が共に成長できる制度作り」を目指している。同時に中小企業の成長支援として、経営理念、経営計画の策定と達成支援を実施し、活力ある中小企業を創出している。当社の3つのスタンスは「親身」「情熱」「実行」。

特別企画、サービス