日本が「2025年の崖」を越えるには DXで築く企業の未来

DXの本質と進め方 変革の中心は技術よりも戦略立案と人材育成(2)

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年05月23日
soumu20220524100

日本のDXが進まない。多くの企業が「着手している」といいながら、なぜ変革に至らないのか。企業のデジタル変革をコンサルティング・教育で支援する鈴木康弘さんに、DXの本質や成功に導くアプローチ、必要な人材の資質や育て方などについて、幅広くうかがった。ここではDX推進における課題を踏まえ、成功に導く5つのステップについて紹介する。

取材・文◎武田 洋子

DXの本質と進め方 変革の中心は技術よりも戦略立案と人材育成(1)はこちら
DXの本質と進め方 変革の中心は技術よりも戦略立案と人材育成(3)はこちら

DXを成功に導く5つのステップ

DXの本質がわかったところで、企業が直面する課題を洗い出してみよう。前述の調査では、「従業員のリテラシーが足りない」(58.5%)がトップに挙がっている(図表)。鈴木さんは、「経営戦略の立案」と「DX人材の不足」を二大課題として挙げている。

図表:DXの推進でどんな課題があるか(n=118,複数回答)
DXの推進でどんな課題があるか
出所:『月刊総務』「企業のDX推進についての調査」(2022年3月)(※画像クリックで拡大)

「この2年間で100回を超える講演・勉強会に呼ばれていますが、依頼されるテーマが、初期の『DXとは何か』から、『DXの取り組み方』『DX戦略、組織』と進化し、ついに今年前半は『DX戦略立案、人材と組織の育成』に到達しました。意識の高まりを肌で感じます。今年は、本質的な取り組みが加速していくでしょう」

課題を踏まえてDXを成功に導くアプローチを、鈴木さんは5つのステップで解説する。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス