日本が「2025年の崖」を越えるには DXで築く企業の未来

DX推進で作業効率UP 製造業の新モデルを確立――株式会社テルミック

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年05月27日
soumu20220527100

「ものづくりのエンターテイナー」。株式会社テルミックはそう呼ばれている。金属部品の加工メーカーには珍しく、従業員の約7割を女性が占めるユニークな会社だ。年間1,000社近くが見学に訪れるという同社のDX推進について、社長の田中秀範さんにうかがった。

取材・文◎武田 洋子

IoTからIoEへ 3つの領域でDXを推進

株式会社テルミック 代表取締役社長 田中 秀範さん
株式会社テルミック
代表取締役社長
田中 秀範さん

株式会社テルミックは今年2月、経済産業省が提言する「DX認定制度」に認定された。全国でも認定を受けているのは277の事業者のみで、愛知県内の中小企業としては初となる。

平均年齢は30.4歳。金属加工業界としては飛び抜けて女性社員の割合が高く、中でも生産管理グループの女性の平均年齢は28歳と若い。リーマンショックを機にさまざまな改革を実行してきており、その結果、直近5年間の売上高は約10倍に拡大したという。そこには、営業スタイルの主流を外勤から内勤へ変更したり、コロナ禍における社内外のコミュニケーションをオンラインツールに切り替えたり、Webマーケティングの強化で新規顧客を開拓したりといった、さまざまなDXの取り組みがあった。

施策を紹介する自社主催のオンラインセミナーは毎回満席になるなど、多方面からの関心が高い同社のDX推進だが、中心にはいつも社長の田中秀範さんの存在がある。

「DXもSDGsも、新しい言葉が出てくるといち早く取り入れています。もともと、DXの本質である『技術で生活をより豊かにする』ことは、ずっと考えていました」

りんくう常滑営業所
「若い女性社員が快適に働けるオフィス」のアイコンとしての役割もある、りんくう常滑営業所

圧倒的なリーダーシップで、田中さんは3つの領域でDXを推進した。1つは非競争領域のシステムだ。紙ベースの業務をクラウドシステムに移行し、ペーパーレスやルーティン業務の自動化を実現。たとえば、同社の各営業所には天板に大型ディスプレーが埋め込まれたテーブルが据えられており、タッチパネルで資料共有をする。そのほかにもコピー、データ入力、図面や資料を探す手間、集計などといった業務は徹底的に効率化されている。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス