日本が「2025年の崖」を越えるには DXで築く企業の未来

カーライフ文化をDX推進で創造し続ける――株式会社オートバックスセブン

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年05月26日
soumu20220526100

日本国内最大規模のカー用品総合専門店「オートバックス」を運営する株式会社オートバックスセブンは、5ヵ年ローリングプラン経営計画の下、DXを推進。「デジタルを活用した事業モデルおよび組織の構築」を掲げ、お客さまの求める商品・サービスを、スピード感を持って提供することに注力している。

取材・文◎宮本 優子

「5ヵ年ローリングプラン」の策定と実践

株式会社オートバックスセブン DX戦略部 部長 山原 猛さん
株式会社オートバックスセブン
DX戦略部 部長
山原 猛さん

自動運転車の開発や電気自動車の普及など、自動車業界は100年に1度の変革期を迎えている。それらの対応に加え、変化するお客さまのニーズに素早く対応できる体制を整えるべく、株式会社オートバックスセブンは2019年、「5ヵ年ローリングプラン」を策定した。本プランは、時流に合わせて継続的に5年後の方向性と戦略の見直しをはかるものだ。

こうした中、2020年4月、「新事業の開発・推進」を目的にDX戦略部が新設された。メンバーは部長の山原猛さんを含めて6人。IT分野の人材のみならず、DXに興味を持つ人など幅広い知識と経験を持つメンバーが集まった。

「初めて『5ヵ年ローリングプラン』を策定した当時、デジタル推進による新サービスの創出や企業価値向上を掲げました。各事業や社外も含めたネットワークの中でデータの流通・利活用を推進していく方針が定められ、その任を担うべく当部が新設されました」

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス