総務のマニュアルポストコロナ時代のBCP対策

コロナの経験を新型感染症の予防と拡大防止に生かす(1) 対応方針の作成と予防教育

BCP策定・気候リスク管理アドバイザー、文筆家 昆 正和
最終更新日:
2022年10月11日
gs221011100

既知・未知のウイルスに対して私たちにできる感染症対策は限られています。ここでは、感染症対応方針の作成や職場での感染症対策、感染予防教育のポイントなどについて解説します。

「コロナの経験を新型感染症の予防と拡大防止に生かす(2) 優先業務の選定と各業務の対策」はこちら

感染症対応の全体的枠組み

新型感染症に対処するということは、誰がどのような役割を担い、どんな要件を満たし、どのような活動方針で臨むのかということでもあります。こうした管理体制の在り方として最も基本的なものは厚生労働省の「労働衛生」の指針です。以下ではこの指針をよりどころとして説明します。

国内外で感染者が増加傾向にあり、市民や企業に警戒を呼び掛けるなどの動きが出てきたときは、これに対処するための推進体制を設けなくてはなりません。このような場合、「労働衛生」では総括管理(衛生委員会を設置し、労働衛生対策を進めていくこと)の下、労働衛生教育を行い、いわゆる労働衛生の3管理に沿って感染症対応を進めることになります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

m-kon

BCP策定・気候リスク管理アドバイザー、文筆家
昆 正和

企業のBCP策定/気候変動リスク対策・適応策に関するアドバイス・講演・執筆活動に従事。一般社団法人日本リスクコミュニケーション協会理事。著書に『今のままでは命と会社を守れない! あなたが作る等身大のBCP 』(日刊工業新聞社)、『山のリスクセンスを磨く本 遭難の最大の原因はアナタ自身にあった(ヤマケイ新書)』(山と渓谷社)など全14冊。雑誌やWebへの寄稿・連載など多数。趣味は登山と読書。著者のnoteはこちら

関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス