知らないと危険!著作権・肖像権

知らないと危険!著作権・肖像権(その9)

行政書士のぞみ合同事務所  のぞみ総研 法務アドバイザー 日野 孝次朗
最終更新日:
2013年05月16日

財産とそうでないものを区別できますか?

前回は「権利」についてお話しました。

他人に何かを強制したい場合に、そのことを国家権力が認めてくれる状態であれば、その強制したい要求について「権利がある」ということになります。国家権力が認めるかどうかは、もっぱら法律に合っているかどうかという点で判断されます。

ところで<日本国憲法というものが日本国における法律の原点にあるのだ>ということは義務教育で習いました。

その憲法の中の第29条の部分では、

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス