地域活性化に活用できる知的財産〜地理的表示〜第6回

ブランシェ国際知的財産事務所  弁理士 鈴木 徳子
最終更新日:
2017年02月15日

■ 地理的表示PRイベント

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

suzuki_photo

ブランシェ国際知的財産事務所  弁理士
鈴木 徳子

経歴
一橋大学経済学部卒業後、株式会社富士銀行(現:株式会社みずほ銀行)に入行。融資業務、住宅ローン販売等を経験。
マーケティングに興味があり、ウォルト・ディズニー・エンタプライズ株式会社(現:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社)に転職。マーケティング部配属(後に、筆頭常務取締役秘書に就任)。 ディズニーベビーキャラクターのブランディングを担当。ディズニーキャラクターの商品化権(著作権や商標権など)に基づくライセンスビジネスに携わる。 ディズニー時代に初めて、「知的財産権」という言葉に出合い、その重要性を実感。弁理士試験を目指す。 弁理士試験の勉強時間の確保と実務経験のため、ディズニーを退職し特許事務所に勤務。
弁理士試験合格後に、海外に強い事務所、ウンピン・エンド・カンパニーに入社。グループリーダーとして、大手日本企業(化粧品、ビール、素材系メーカーなど)の全世界120か国における商標権取得、企業合併に伴う権利移転手続や侵害対応などに携わる。 通常業務以外にも、大学院(MOT)向けの教材作成(中国知的財産権の概要)や各種セミナー開催など広範囲に活動をする。
数年前に独立。現在に至る。日本弁理士会に所属。弁理士登録番号:12336

関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス