においマネジメント

においマネジメント【その9】人が集中できる時間は最大45分

株式会社イコア  代表取締役 青木 恵
最終更新日:
2020年01月17日

休憩をせずに業務を遂行すると確実に生産性が下がります。なぜなら、私たちの頭が一度に集中できる時間には限界があるためです。また、手を抜かないまじめな人ならば体だけでなく心も疲れ、ストレスをため込むことにもなりかねません。あなたは大丈夫ですか?

集中できる時間

精神科医であり作家でもある樺沢紫苑さんによると、人間の集中力には「15・45・90分の法則」があるそうです。人が深い集中を持続させられるのは15分程度。子供でも集中力を保てる時間は45分。小学校の授業時間、テレビドラマもCMを除けば45分程度です。そして最後に45分の2倍である90分。この時間は大人が集中していられる時間の限界です。

また、東京大学大学院の池谷裕二教授と株式会社ベネッセコーポレーションが行った「勉強時間による学習の定着・集中力に関する実証実験 」によると、「連続して60分」勉強を行ったグループよりも「休憩をはさんで15分×3(計45分)」勉強を行ったグループの方が、テストの点数が高いという結果が出たそうです。

nioi9.png

このことから、長時間勉強するよりも短時間集中して勉強した方が高い成果が期待できることがわかります。これは業務においても同じであるといえるでしょう。池谷教授は、「脳波を見る限り、集中力やガンマ波のパワー回復に差異が見られました。休憩をはさむことは集中力の維持に寄与し、より少ない学習時間にもかかわらず長期的に見て高い学習効果を発揮する可能性が示唆されます」と述べています。

集中力を妨げる行為

さらに見逃せないのが、集中力を妨げる行動です。ジョージタウン大学のChristine Porath教授によると、職場での無礼な行為や感情的嫌がらせ、いじめ、そしてその他有害な行動が、集中力を下げることにつながると、ニューヨーク・タイムズに次のように語りました。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • aoki_photo
  • 株式会社イコア  代表取締役
    青木 恵

  • 経歴
    1966年、国際婦人デーである3月8日生まれ。東京都出身。成城短期大学教養科英文コース卒業。総合商社勤務後、独立。プリザーブドフラワーとアロマセラピーを融合させたプリザーブドアロマフラワーで製法特許を取得。1998年、日本初のプリザーブドアロマフラワーの技術、ハーブティ調合やアロマ香水調香を教えるサロンドフルールイコアを創業。2004年、株式会社イコアを設立。2004年から2014年まで10年間で1300名以上の認定コーディネーターを養成。2015年より120社以上の企業にヒアリングを重ね、企業に特化したハーブとアロマを独自調査研究。2019年1月より日本初、ハーブとアロマのコミュニティ「オフィス森林浴」をスタート。今後、日本産ハーブなど日本の優れたコンテンツを海外に広く発信することも視野に入れている。
    専門分野
    健康経営プロデュース・コンサルティング、ハーブ・アロマの調合・調香、フラワー・グリーン空間設計

特別企画、サービス