社員の自立・協働を促す! マネジメントでリモートワークの課題を解決

ハイブリッド、フルタイム、ワーケーション……定着が進むリモートワーク。その種類と選び方とは

メンタルチャージISC研究所株式会社 代表取締役  岡本 文宏
最終更新日:
2023年02月09日
gs230209100

コロナ禍が過ぎ去ったあとも、コストやメリット面、働き方改革の影響から、多くの企業でリモートワークの導入と定着が進むと思われます。ここでは、リモートワークの定義や種類について紹介します。

リモートワークの概念

新型コロナウイルスの感染拡大から始まったリモートワークは、新しい働き方として広まってきました。現在、テレワークとリモートワーク、2つの言葉が混在していますが、働き方として、それらに明確な違いはありません。あえて違いをお伝えするなら、一般社団法人 日本テレワーク協会が定義する「テレワークとは、情報通信技術(ICT=Information and CommunicationTechnology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」のことを指し、リモートワークは、定められたオフィス以外の場所で働くことの総称となります。

リモートワークの種類とその選び方について

リモートワークには「ハイブリッド」「フルタイム」「テンポラリー」「ワーケーション」の4つの種類があります。各種の特徴を説明していきますので、把握した上でどれが自社にフィットするスタイルかを考慮しながら、リモートワークのスタイルを選びましょう。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

f-okamoto2302

メンタルチャージISC研究所株式会社 代表取締役
岡本 文宏

繁盛企業育成コーチ。現場でチームを率いて手に入れたリソースを活用し、経営者などに「人」を生かした業績向上メソッドやマネジメント手法を提供。「人の問題で悩む経営者、組織のリーダーを0にする」ことをミッションとする。2005年にメンタルチャージISC研究所株式会社を設立後、250社以上にコンサルティングを行う。著書は『リモート・マネジメントの極意』など9冊。専門誌の執筆は400冊を超える。

関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス