社員の自立・協働を促す! マネジメントでリモートワークの課題を解決

リモートワークが抱える課題とその対処法

メンタルチャージISC研究所株式会社 代表取締役  岡本 文宏
最終更新日:
2023年02月10日
gs230210100

ここでは、リモートワークを導入する上での課題とその解決法について見ていきます。

プラス面にフォーカスし、事実を正確に捉える

リモートワークでは、部下の働いている姿を実際に見ることはできません。そうなると、そばにいない部下の仕事ぶりを想像するしかありません。「仕事をやらずにサボっているのではないか?」など、心配になることもあるでしょう。そもそも人の脳は、ネガティブ思考に陥りやすいといわれています。たとえば、過去に部下が仕事中にスマホを閲覧してサボっている姿を見た経験があるなら、そのときの記憶がよみがえり、「仕事をしていないのでは?」と妄想を膨らませてしまいます。一部の情報だけを基に、全てのことを安易に判断してしまうことは、心理学でヒューリスティックと呼ばれ、上司や経営者がこのトラップに陥ると、マネジメント上の判断を誤ってしまうので注意が必要です。

実際に、部下の多くは業務を完了するために仕事に取り組んでいます。部下も上司から「仕事をしていないと思われているのでは……?」と不安に思っている人が案外多いようです。

上司がマネジメントする際に行うべきは、事実を正確に捉えることです。そのためには、部下たちのマイナス面にフォーカスするのではなく、プラス面にも焦点を当てることが大事です。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

f-okamoto2302

メンタルチャージISC研究所株式会社 代表取締役
岡本 文宏

繁盛企業育成コーチ。現場でチームを率いて手に入れたリソースを活用し、経営者などに「人」を生かした業績向上メソッドやマネジメント手法を提供。「人の問題で悩む経営者、組織のリーダーを0にする」ことをミッションとする。2005年にメンタルチャージISC研究所株式会社を設立後、250社以上にコンサルティングを行う。著書は『リモート・マネジメントの極意』など9冊。専門誌の執筆は400冊を超える。

関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス