オフィスの引越:ガイダンス

最終更新日:2010年03月08日

オフィスの引越:目次

引越プロジェクトメンバー向けのガイダンスで使用する作業手順書は、引越業者の方で作成することになる。内容は、梱包作業を中心として、引越の1、2週間前から前日、当日そして引越後までのやるべき事項を示す。移転に慣れている人はそんなにいないので、ガイダンスで使用する作業手順書の内容は、全くの初心者向けで作成すべきである。ラベル貼り、什器等へのガムテープの貼り方は図示しておく。ガイダンスは作業手順書を使用して、引越プロジェクトメンバーに対して行う引越作業の実務勉強会である。内容は、作業手順書記載の通り、移転1週間-2週間前までに行う事前廃棄作業、前々日、前日、当日、移転後、それぞれの会社側が行う作業内容を説明することとなる。各部門の出席者を通じて、各部門へはその内容を伝えてもらい、対象部署全体へ浸透するようにする。開催時期は引越10日前程度で、事務局の総務が司会で講師は引越業者にしてもらうと良い。

●梱包作業

梱包作業での注意点は下記の通り。

(1) 机の上下の物やキャビネの中身は、机やキャビネと同等の番号(注、ナンバリングにより各什器に割り当てられた番号)のラベルを貼ったダンボール箱へ入れる

(2) 引出しの中身は全て、机と同等の番号のラベルを貼ったダンボール箱へ入れる。尚、クリップ等の小物類は封筒に入れてからダンボール箱に入れる

(3) 貴重品は必ず本人が持参し、ダンボール箱には入れない

(4) われものについては、別の段ボール箱に入れ「取扱注意」のラベルを貼る

(5) ガラスやビニールのデスクマットは、机と同等の番号のラベルを貼れば良い

(6) 機械類は箱に入れずにラベルを付けて机の上に置いておく

(7) OA機器や端末類は配線をはずしてテープで束ねて機器本体にとめる

(8) 既に段ボール箱に入っているものはそのままラベルを付ければ良い

(9) 梱包した段ボール箱は、搬出搬入に支障のない場所(逃げ場所)に置いておく"

●ラベル貼り

ラベルの貼り方(ラベルは移転先の住所を示すシールで、ダンボール箱や機器に貼る)の注意点は以下の通り。

(1) ラベルは梱包した段ボールや什器物品及び機械類に必ず一点につき一枚貼る

(2) ラベルはフロア別や種類別に分類されており、決められたものを使用する

(3) ラベルには図面に記されたナンバリング通りに記入する

(4) 段ボール箱に貼る場合は両側面の1箇所に貼る

(5) はがれやすい物に貼った場合はテープで補強する

(6) 梱包できない物(機械類)は直接ラベルを貼る

(7) OA機器等分解して運搬するものは、各一点ずつにラベルを貼る

(執筆:『月刊総務』)

ガイダンスの内容に関連する記事

特別企画、サービス