「月刊総務ウェビナー」アーカイブス

【プレミアム会員限定動画】攻めと守り。総務の宣言

株式会社月刊総務 代表取締役社長/戦略総務研究所 所長/FOSC 代表理事/一般社団法人ワークDX推進機構 理事 豊田 健一
最終更新日:
2022年08月08日
archive_010

この動画は、2022年06月29日に実施した月刊総務ウェビナー「まだ間に合う!法令遵守体制と運用構築 ~専門家・事例から学ぶ、アルコールチェック導入の現状~」の再録です。

「攻めと守り。総務の宣言」

講師:『月刊総務』代表/戦略総務研究所 所長 豊田 健一

講義概要

安全運転管理者の行うべき事項として、4月よりアルコールチェックが追加された。まずは目視での確認、この10月からは機器を使っての確認が義務化される。重要なのは、アルコールチェックをすることではない。飲酒運転と、その先にある社有車による事故の撲滅が目的だ。ここで避けなければいけないのが、手段の目的化。アルコールチェックをすることが目的となり、その先にある本来の目的を見失うこと。今回のウェビナーでは、改めて、安全運転管理者の行うべきことと、本来の目的について確認したいと思う。

収録分数

  • 11分46秒

 

 

講師プロフィール

CEO_toyoda_portrait

株式会社月刊総務 代表取締役社長/戦略総務研究所 所長/FOSC 代表理事/一般社団法人ワークDX推進機構 理事
豊田 健一

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルートで経理、営業、総務、株式会社魚力で総務課長を経験。日本で唯一の総務部門向け専門誌『月刊総務』前編集長。現在は、戦略総務研究所所長、(一社)FOSC代表理事、(一社)ワークDX推進機構理事、ワークフロー総研フェローとして、講演・執筆活動、コンサルティングを行う。

詳しくはこちら

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス