「月刊総務ウェビナー」アーカイブス

【動画】総務とデータ、2つのサイクル

株式会社月刊総務 代表取締役社長/戦略総務研究所 所長 豊田 健一
最終更新日:
2021年12月01日
archive_001

この動画は、2021年11月16日(火)に実施した月刊総務ウェビナー「データ化で進化する総務の仕事〜「クルマ」の情報活用から考える〜 講演プログラム1」の再録です。

「総務とデータ、2つのサイクル」

講師:『月刊総務』代表/戦略総務研究所 所長 豊田 健一

講義概要

総務の仕事を改めて定義し直すと、情報取扱業となるのではないか?例えば、「〇〇が故障した」「会議室が足りない」「この端末〇〇円」などの情報を認知、理解、そして対処していく。質の良い情報を、いかに早く、数多く集めていくことが重要になる。デジタル化によって、情報が集めやすくなり、データとしての分析・活用ができるようになると、次はそれを使いどのようなサイクルを回すのか、を考えることが総務の仕事になる。守りの総務に必要な「oodaループ」と、攻めの総務に必要な「MeGAKAサイクル」について説明する。

収録内容

  • 総務。その本質は情報取扱業務
  • 情報が「命」だとしたら?
  • DXもいいけど、その前に
  • データ化することで
  • 守りも攻めも、データ化
  • 守りと攻めの2つのサイクル
  • 2つのサイクルとデータ化

収録分数

  • 24分59秒



続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

講師プロフィール

CEO_toyoda_portrait

株式会社月刊総務 代表取締役社長/戦略総務研究所 所長
豊田 健一

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルートで経理、営業、総務、株式会社魚力で総務課長を経験。日本で唯一の総務部門向け専門誌『月刊総務』前編集長。現在は、戦略総務研究所所長、(一社)ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアム(FOSC)の副代表理事として、講演・執筆活動、コンサルティングを行う。

詳しくはこちら

関連記事

  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR
  • Web会議の悩みは「テレキューブ」で解消! ポストコロナを見据えた会議室の在り方 PR
  • 「電話」が変われば働き方も変わる! 固定電話の悩みを解決 Teams電話でリモートワークを一気に加速 PR

特別企画、サービス