「月刊総務ウェビナー」アーカイブス

【プレミアム会員限定動画】働く場の未来予想図とは?

株式会社月刊総務 代表取締役社長/戦略総務研究所 所長/(一社)FOSC 代表理事/(一社)IT顧問化協会 専務理事/(一社)日本オムニチャネル協会 フェロー 豊田 健一
最終更新日:
2022年08月10日
archive_011

この動画は、2022年07月06日に実施した月刊総務ウェビナー「ハイブリッドワークの定着から見るフレキシブルオフィスの有効性 講演プログラム1」の再録です。

「働く場の未来予想図とは?」

講師:『月刊総務』代表/戦略総務研究所 所長 豊田 健一

講義概要

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いてきたことから、出社率が80%という企業があるほか、原則として出社勤務に切り替える企業も出てきた。しかし、発生が報告された次なる感染症や強毒性インフルエンザなど、今後も想定外のリスクは十分に起こり得る。そこで大切なのは、変化に対する柔軟な対応力である。働く場においては、出社率に合わせてオフィスの面積を増減させることは難しいと思われていた。そこで考えたいのが、コロナ禍で注目されたフレキシブルオフィスの活用である。働く場の多様性は、従業員のモチベーション向上や気分転換にもつながり、生産性の向上が期待されている。今後、ハイブリッドワークが定着していくなか、フレキシブルオフィスの可能性を知っておく必要がありそうだ。

収録分数

  • 23分54秒

 

 

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け

講師プロフィール

CEO_toyoda_portrait

株式会社月刊総務 代表取締役社長/戦略総務研究所 所長/(一社)FOSC 代表理事/(一社)IT顧問化協会 専務理事/(一社)日本オムニチャネル協会 フェロー
豊田 健一

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルートで経理、営業、総務、株式会社魚力で総務課長を経験。日本で唯一の総務部門向け専門誌『月刊総務』前編集長。現在は、戦略総務研究所所長、(一社)FOSC代表理事、(一社)IT顧問化協会専務理事、(一社)日本オムニチャネル協会フェローとして、講演・執筆活動、コンサルティングを行う。

関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス