1時間以内に合意形成が実現! 誰でもファシリテーションがうまくなる方法

説得せずに示唆するだけで相手を「腹落ち」させるワザ! 会議時間を短縮する合意形成手法とは

モチベーションファクター株式会社 代表取締役 山口 博
最終更新日:
2024年01月25日
202401k_00

本連載では、会議中に100%の合意形成を実現する4つの質問を紹介しています。4つの質問とは、会議参加者の異論や懸念を洗い上げる「洗い上げ質問」、異論や懸念の深刻度合いを見極める「掘り下げ質問」、示唆して合意を試みる「示唆質問」、合意内容を確認する「まとめの質問」です。洗い上げて掘り下げた最も深刻な異論や懸念が、たとえば、「人手が足りないから提案された方針を実施できない」ことだったとします。「別のチームに応援を頼んで、一定期間ですが人員を補充できれば、賛成ですか?」と、ある前提をおいて合意形成を試みる方法が、示唆質問です。
指示する代わりに質問して、説得する代わりに示唆して合意を試みます。指示や説得をしてしまうと、相手を受け身にさせ、場合によっては抵抗感を与えてしまい、異論や懸念が噴出し、紛糾してしまいます。
示唆や質問をすると、相手に能動的に考えてもらいやすく、相手の発言を促しやすくなります。相手の能動性や自発性に働き掛けて、合意度を高め、合意時間を短縮することができる方法です。今回は、示唆質問をする際のコツを紹介します。

示唆質問をするために必要な4つの観点

4つの質問で合意形成する際に、いかに的確な示唆を出せるかが、合意形成できるかどうかを大きく左右します。その場で示唆の内容を思い描き、質問の形で提示できるかどうかがポイントになります。

示唆の内容をすぐに思い付く人と、そうでない人がいます。すぐに思い付く人は、次の4つの観点から示唆の内容を見いだしています。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

h-yamaguchi

モチベーションファクター株式会社 代表取締役
山口 博

国内外金融・IT・製造企業の人材開発部長、人事部長、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て現職。モチベーションファクター®をてこにした分解スキル反復演習®型能力開発プログラムのモデル化と普及に務める。横浜国立大学非常勤講師。ダイヤモンド・オンラインに長期連載するコラムニスト。主な著書に『人を動かすモチベーションファクター実践手法』『チームを動かすファシリテーションのドリル』。慶應義塾大学卒。https://motivation-factor.com/

関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス