総務・人事担当者が知っておきたい五月病対策

コロナ禍の適応支援(2) 五月病の治療と回復

さんぎょうい株式会社 メンタルヘルス・ソリューション事業室 室長 佐倉 健史
最終更新日:
2022年05月10日
soumu20220510000

新入社員など大きな環境の変化を迎えた人が、ゴールデンウイーク明けくらいにメンタルダウンしてしまう、いわゆる「五月病」をはじめ、メンタルヘルス対策に悩んでいる総務・人事担当者の方も多いかと思います。さらに、コロナ禍でテレワークの機会が増えたことにより、労働者の状態が見えない中での対策が必要になってきています。ここでは、医療機関において五月病がどのように扱われるのか解説します。

コロナ禍の適応支援(1) 五月病とその本質とははこちら

コロナ禍の適応支援(3) コロナ禍におけるメンタルヘルスの状況と労働者の職場適応はこちら

コロナ禍の適応支援(4) 企業が行うべき適応支援とははこちら

五月病は医療機関でどのように扱われるのか

五月病といわれる状態で仕事が手につかない。出勤できない。そのように、業務に支障が出るような状態になると医療機関で治療を受けることになります。

前回の最後にまとめた五月病の本質のように、適応困難な状況が明確にあり、それに反応する形で症状が出るような場合は適応障害と診断される場合があります。

もちろん、医師が診断をする際にはさまざまな観点から慎重に検討するため、たとえ無理がたたって連休でガクンと落ち込んで症状が出たからといって適応障害と診断されるとは限りません。

その背景にベースとなる別の疾患があったり、それをきっかけにほかの疾患が発症したりしていることも十分考えられます。ここでは、一つの典型的なパターンとして、適応障害を取り上げます。

最近、ニュースなどでも適応障害という診断名をよく耳にするようになりましたが、あらためてこの疾患についておさらいしましょう。

適応障害を診断、治療する診療科は精神科・心療内科です。主に精神科医が主治医となります。精神科・心療内科の診断には、アメリカ精神医学会によるDSM-5(Diagnosticand Statistical Manual of Mental Disorders [精神疾患の診断・統計マニュアル]第5版)、もしくはWHOよるICD-10(International Statistical Classification of Diseasesand Related Health Problems[疾病及び関連保健問題の国際統計分類]第10版)を基準として用いることが一般的です。その記載をかみ砕いてまとめると、次の4つを満たすものが適応障害と診断されます。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

画像なし

さんぎょうい株式会社 メンタルヘルス・ソリューション事業室 室長
佐倉 健史

臨床心理士・公認心理師・キャリアコンサルタント・メンタルヘルス法務主任者。精神科クリニック併設型外部EAP機関にて13年在籍後、現職。メンタルヘルス施策の立案、体制構築、ストレスチェックの結果活用のコンサルティング、社内でのカウンセリング、社内教育研修の企画・講師などを通し、多くの企業のメンタルヘルス課題解決の支援経験を持つ。

関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス