労務管理 虎の巻!

労務管理 虎の巻!(その5) 「定期健康診断」は実施後の措置が重要です!

日本橋人事賃金コンサルタント・社会保険労務士小岩事務所  代表 特定社会保険労務士 小岩 和男
最終更新日:
2013年10月22日

「労務管理」。この言葉からまず思い浮かぶのは「労働時間や賃金」の管理でしょう。これらは従業員にとって根幹となる労働条件です。社内ルールを策定する上でイの一番に定めるべき内容ですね。

それ以外では「快適な職場環境づくり」も欠かすことのできない「労務管理」。従業員の安全や健康を確保することですね。今回はその中でも最も身近な職場の「健康診断」を解説します。

昨今、過重労働などによる健康障害(精神的なストレスなども含む)がビジネス社会で問題視されるようになっています。

これら職場の健康管理を取り締まるのは、労働基準監督署という行政機関。この機関による調査が入ると、労働安全衛生法による職場の安全衛生管理体制のチェックや、健康診断の実施状況や実施後の措置などについて指摘(指導)がなされることがあるのです。

毎年定期に実施している健康診断。効果を高めるには内容を的確に理解する必要があります。また、その実施内容もさることながら、実施後の措置もポイント。適正になされているか自社内で検証してみてください。

定期健康診断(労働安全衛生法第66条)

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

koiwa_photo

日本橋人事賃金コンサルタント・社会保険労務士小岩事務所  代表 特定社会保険労務士
小岩 和男

1982年中央大学法学部法律学科卒業後、東武不動産株式会社(東武鉄道グループ)に入社。以降、不動産営業を経て人事総務業務に従事。2004年、社会保険労務士試験合格後独立。現在、日本橋人事労務総研代表・特定社会保険労務士として、企業の労務顧問・講演・執筆業務で経営者を支援している。主な著書に『社員10人までの小さな会社の総務がよくわかる本』(明日香出版社)がある。

労務管理 虎の巻!」の記事

2015年10月13日
労務管理 虎の巻!(その12) 「女性活躍推進法」が成立!
2014年07月01日
労務管理 虎の巻!(その11) 改正パートタイム労働法の実務対応!

関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス